ユミエルの熱中時代〜高齢出産&子育て編〜

アクセスカウンタ

zoom RSS ついに免許が取れました!

<<   作成日時 : 2009/09/20 03:02   >>

トラックバック 0 / コメント 0

6月14日から通い始めた教習所。
9月10日に卒業検定に合格して、9月15日に
鴻巣の免許センターで免許証を手にしました。
ちょうど3ヶ月かかりました。
8月に入ってから教習所はとても混んで
なかなか思うように車に乗れませんでしたが
3ヶ月で卒業したら2000円のクオカードを
くれるというので頑張りました。
やっぱりこういう目標がないとねっー

第二段階の路上教習は、緊張のあまり
見落としが多く、なかなか先に進めませんでした。
特に苦手なのが障害物をよける時です。
障害物というのは駐車車両や歩道のない
道路での歩行者、自転車のことです。

これは必ず安全な間隔を開けて避けるか
それができなければ徐行なのですが、
ユミエルは両方やってしまって状況を悪くします。
つまりのろのろと障害物の横を通過するので
そのうち対向車が来て慌てます。
それか「どうしょうどうしよう」と迷っている間に
障害物に接近してしまうのです。

「それまで順調に走っていたのに
障害物を見つけるとパニックになる」
と教官に指摘され、指導を受けながら
車の中で泣いた事もありました。
解っているのに出来ない、恐いのです。
歩行者や自転車の横を加速して
通過してゆくことがとても恐いのです。

これは慣れだと皆に言われますが、教習所ではそうは行きません。
「極端な話、卒業検定で障害物がなければ合格できるよ」
と教官は言いました。そして障害物の避け方についてきちんと
整理しなおすことを条件に「みきわめ」をくれたのです。

翌日卒業検定を受けました。落ちる事もあるので
日程はあと2日取っておきましたが、障害物が
なかったので、スムーズに運転できました。
自主経路も教習の時より簡単で拍子抜けでした。

というわけで無事合格し、念願のクオカードもGETしたのです。

長年ユミエルは、教習所を卒業したら
免許がもらえると思っていました。
知りませんでした...教習所を卒業してから
免許センターで学科試験を受けるとは。

パパエルの休みに合わせて免許センターに
行くことにしましたが、その前にユミエル
病院に行きました。

12年前、花柳界で暴飲暴食をしていた頃、
みんなで遊びのノリで行った人間ドッグで
十二指腸潰瘍が発見されました。
(接客業はけっこう神経も使ったので、
同じ頃、10円禿げもでました。)

しばらく胃の調子が悪く、夏ばてかとも思いましたが
結構痛くなってきたので通院すると、やはり再発していました。

以前は自覚症状がない段階で胃の専門医に
発見されたので、そんなに辛くなかったのですが、
今回は結構痛かったので不安でした。
緊張して車に乗っていたからだと思います。

診察が終わって、じいじに迎えに来てもらうと
後部座席にばあばとミニエルが乗っていました。
「迎えに行くってきかないんだよ」とじいじ。
ミニエルはユミエルが病院に行ったのを
心配していたようでした。

実家に預かってもらっている時には、
「おかあさん、お勉強だからね」
とじいじが言うと、
「ちがう、めんきょでしょっ!」
と怒られちゃうとも言っていました。

ミニエルは何でも解っているようです。

「ミーちゃんはおおきくなったらね、
おけしょうするんだっ」

「ミーちゃんはおおきくなったら、
くるまのおべんきょうするんだっ」

出掛ける準備をしているユミエルの足元で
ミニエルはよくこんなことを言っていました。

免許センターの試験は97点で合格。
たぶんあの2問を間違ったに違いないと
悔しがりながら、時間つぶしにシートベルトの
安全性を体験できる、逆さまになるシートに乗ったり
シュミレーターに乗って軽く酔ったりしていました。
そして免許証をもらって帰宅すると
みんながお祝いしてくれました。

ばあばのてんぷらの晩御飯が終わると
「合格おめでとう」というプレートが乗ったケーキに
パパエルがろうそくを立ててくれて、
それをミニエルと一緒に吹き消しました。
疲れたけれど、楽しい一日でした。



















現役教官が教える普通免許合格テクニック
成美堂出版
王子自動車学校

ユーザレビュー:
このDVDで仮免1回 ...

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ついに免許が取れました! ユミエルの熱中時代〜高齢出産&子育て編〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる